ドイツ製の乗れるドローン、Volocopter 世界で初めて有人テスト飛行を実施

LINEで送る
Pocket

ヘリコプターはお好きですか?

 

私はヘリコプターという乗り物に特に関心を持っていなかったのですが、あるとき旅行で出かけた米国アリゾナ州のセドナで、ヘリコプターライドという観光客用アクティビティがあるのを知り、急に乗りたくなって、試してみました。

 

そのヘリコプターにはドアがなく、足元も開いていて下が見えたので、飛び立つ前はちょっと怖かったのですが、乗ってみたらこれが最高!あまりに感動的だったので、それ以来、すっかりヘリコプターファンです。子どもの頃にこの素晴らしさを知っていたら、ヘリコプター操縦士を目指していたかも、、、なんて思ってしまいました。

 

bellrock

空から見たセドナのベルロック

 

そんな私にとってワクワクする動きがあります。ドイツ、カールスルーエのドローン会社、e-voloが、ドイツ政府の飛行許可を取得し、今年3月30日、電気ヘリコプター「Volocopter」の有人テスト飛行を初めて実施、無事成功していたんですね。

 

 

Screenshot 2016-05-29 21.13.24

 

このVolocopterの操縦は、片手でジョイスティックを操作するだけ。ほぼ自動運転です。動画でわかるように、パイロットは「手放し運転」で拍手をして地上のスタッフに成功を伝えています。

 

電気で飛ぶので環境への負荷も小さく、従来型のヘリコプターよりも静か。e-voloは2018年の実用化を目指しており、エアタクシーとしての用途も想定しているとのこと。

 

今回テスト飛行に使われたヘリコプターはプロトタイプで、まだ販売価格は設定されていないようですが、個人で簡単に購入できるものではないでしょうね。

でも、こんなヘリコプターに乗って自分で飛んでみることができたら、、、と夢が広がります。

 

 

sponsored link


Also published on Medium.

LINEで送る
Pocket




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA