アウトドアに最適 Sonnenrepublikのソーラーチャージャー 

LINEで送る
Pocket

当ブログのテーマと直接関係ありませんが、私の趣味は旅行です。

それも、かなりエクストリームな旅行が好き。刺激がいっぱいでワクワクしますから。今年もいろいろな場所へ旅行に行きましたが、中でも忘れられない思い出となったのはコスタリカ旅行です。

中米の楽園と呼ばれるコスタリカはエコツーリズムの発祥地であり、また、再生可能エネルギー利用における先進国でもあります。エクストリーム好き、再生可能エネルギー好きの私としては以前から是非とも訪れたい国でした。

2週間の滞在のうち、前半はアレナル火山国立公園で、そして後半はコルコバード国立公園のジャングルの中で過ごしました。

 

(ChikaCaputh)

アレナル火山国立公園 (© ChikaCaputh)

 

(ChikaCaputh)

コルコバード国立公園 (© ChikaCaputh)

 

こんな生き物達に囲まれて過ごしていました (ChikaCaputh)

こんな生き物達に囲まれて過ごしていました
(© ChikaCaputh)

 

宿泊したのはいずれもエコロッジ環境への負荷をできるだけ抑えた宿泊施設で、エネルギーは小規模水力発電とソーラー発電で自給自足。部屋にテレビや冷蔵庫などはありませんが、ジャングルの中はモルフォ蝶やコンゴウインコが飛び回り、ホエザルの叫び声が響き渡り、ナマケモノがロッジ脇の大木に掴まって昼寝をしていたり、それはそれはエキサイティングでテレビなど見ている暇は全然ありませんでした。

 

でも、そんな大自然の中にいても、やっぱりデジタル機器と完全に無縁ではいられませんでした…… 写真をパソコンに入れて整理したりなど、いろいろ、、、、。

 

と、前置きばかり長くなりましたが、夫と息子は来年、ふたたびコスタリカへ行く予定です。残念ながら私と娘は連れて行ってもらえません。次回はエコロッジではなく、テントで寝泊まりしながらジャングルを横断する予定なので、体力のない女子は足手まといだそうです。(泣

 

そこで、「野宿生活中、モバイル機器を充電できないのは不便だろうなあ」と思い、このクリスマス、息子にベルリンのスタートアップ会社、Sonnenrepublikのソーラーチャージャーをプレゼントしました。

 

Sonnenrepublik社のソーラー製品ラインアップはとても魅力的なのですが、私が選んだのはこちらのWing6です。

 

Wing6 (© ChikaCaputh)

Wing6 (© ChikaCaputh) クリックで拡大します

 

 

二つに折りたためるコンパクトで軽いチャージャーで、デザインもおしゃれです。USBポートに直接モバイル機器を繋いでパネルを開き、太陽に当てるだけ。

 

(© ChikaCaputh)

(© ChikaCaputh) クリックで拡大します

 

表面は特殊ラミネート加工してあって湿気に強く、重さも200gと軽量です。畳んだときの大きさは175mm x 160 mm x 14mm。四隅に穴が開いているので、紐を通して木に結びつけることもできます。出力は6.3W(ピーク)。対応温度はマイナス20度〜50度。(性能の詳細はこちらをどうぞ)

もちろん、アウトドア活動時に限らず、街中で使うのにも適したデザイン性が気に入りました。

 

Sonnenrepublik社はこの他にも、Clicc Systemという、パズルのピースのように繋げて使えるカラフルなミニソーラーモジュールも開発しています。これもまた楽しい!

CliccLite (Sonnenrepublik)

CliccLite (© Sonnenrepublik)

 

他にもいろいろ素敵なソーラー製品を出しているので、ソーラー製品にご興味のある方は是非、Shopを覗いてみてください。

 

そして、ブログのテーマと無関係なので旅行の詳細は書きませんでしたが、コスタリカ旅行、自然や動物の好きな方、冒険派の方にはとてもとてもお勧めです!

 

こちらにコスタリカで撮った写真を公開していますので、よろしければご訪問ください。

 

関連記事:

世界最小!バッグに入れて持ち運べる水力タービン、Blue Freedom

ジカウイルス対策にも有効?Permetexの虫除け寝袋

 

 

sponsored link

LINEで送る
Pocket




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA