大豆アレルギーでも大豆製品が食べられるようになる?低アレルゲン化食品の開発を目指すフラウンホーファー研究所のプロジェクト「Low Allergen」

食べ物は何でも食べられますか? 私は中学生の頃、果物アレルギーを発症しました。最初の頃はスイカなど、特定の果物を食べると口の中が痒くなるくらいだったのですが、徐々にそれがいろいろな果物に広がって、10年後には果物は生では

Read more

動物を殺さずに作るModern Meadowのエシカルな革製品 

欧米諸国では、人間の生活のために動物を殺すことの是非がしばしば議論されています。ベジタリアン人口が若い人たちを中心に増加しており、その中でも特に厳格な「ビーガン」と自らを称する人たちは動物性の食品を口にしないだけでなく、

Read more

横浜女学院高校の生徒さん達とエネルギー自給自足村、フェルトハイムで再生可能エネルギー・ワークショップを行いました

本日、スタディツアーで現在ベルリンに滞在中の横浜女学院高等学校の生徒さん22名が、エネルギー自給自足村、フェルトハイムを訪問されました。   フェルトハイムというのはベルリンの南西およそ約70kmのところにある

Read more

科学はみんなのもの シチズンサイエンス・イベント、「Science & People」に参加しました

市民が科学研究に能動的に参加するシチズンサイエンスの動きがますます高まって来ました。市民参加型の科学プロジェクトがどんどん発足しています。   当ブログでは、これまでにドイツを中心に欧州の動きの中からいくつかの

Read more

社会貢献はメンドクサイ?エコでフェアなEinhornのコンドームで楽しみながら地球と社会を良くしよう!

環境破壊、経済格差、人権問題、、、、世の中には考えなければならない問題がたくさんあります。少しでも何かしなければと思うものの、あまりにも問題の種類が多くて何をしたらいいのかわからない。そんな気持ちになることはありませんか

Read more

建物の屋根に重ねられるマイクロハウスで都市の住宅難を解決!ベルリン発の「Cabin Spacey」

ドイツの首都、ベルリンは欧州の他の国の首都や米国、日本の大都市と比較して、家賃や生活費が安いと言われています。しかし、安さが魅力の一つとなってか、現在、ドイツ国内だけでなく様々な国から多くの人々がベルリンへ移り住み、次第

Read more
1 2 3 4 5 12