ドイツの自然を楽しもう エコツーリズム・ポータル、Na Tour Pur

LINEで送る
Pocket

ドイツと聞くと頭に浮かぶイメージはどんなものですか?

ビール、サッカー、ソーセージ、、、、。

大きな都市としてはベルリンやミュンヘン、フランクフルトの名前を聞いたことのない人はきっといないでしょう。

でも、ドイツ国民にとっては、食べ物や都市よりもっとドイツを象徴するものは、その豊かな自然なのです。ドイツ人の多くはアウトドア活動が大好き。日本人はどちらかというと洗練された都会文化を好む傾向が強いのではないでしょうか。ドイツ人は都会よりも田舎、田園風景や森林、山や湖のある風景を愛します。

 

私は日本に住んでいた頃は都会が好きで、田舎はダサい、退屈だと敬遠していたのですが、ドイツに来てからは自然の中で過ごすのが楽しくなりました。自然といっても、必ずしも都会から遠く離れた場所に行く必要はありません。ドイツの都市は自然と一体化していて、首都ベルリンであっても、日常生活を送りながら森の中をサイクリングしたり湖で泳いだりなど、アウトドア活動を楽しむことができます。

そして休日には、さらに心ゆくまで自然にどっぷり浸かりたいのがドイツ人。ショッピングよりもキャンプなどの自然体験を楽しむ人が多いです。そんな自然好きの人たちが自分にびったりなツアーを見つけることのできるポータルがあります。
NaTourPur

Screenshot 2016-08-05 21.14.02

 

ベルリン、ブランデンブルク州及びメクレンブルク=フォアポンメルン州で体験できる様々なツアーを検索できます。

動物好きの人、野鳥ウォッチングが趣味の人、自然の中で瞑想やヨーガをしてみたい人、ハーブについて知りたい人、ハイキングやカヌーツアーを探している人、星の観測が趣味の人、子どもと一緒に自然体験がしたい人。

いろいろな人のニーズに応えるツアーがたくさん用意されています。

 

私が面白そうと思うものをいくつかご紹介しますね。

 

まずはベルリンから。

 

  • ベルリン・グリューネヴァルトでイタチやアナグマを追跡!

 

1079_Irscheid_Dachs55c243ba00d88_m

© Ökowerk Berlin-Irscheid

 

首都にイタチやアナグマなんてものが出没するのがドイツ。ガイドさんと一緒に足跡を辿ります。所要時間は約2時間。ツアー料金は大人4ユーロ、子ども3ユーロ、家族料金は10ユーロ。

 

  • 8月27日の国際コウモリデーにベルリン、Fort Hahnebergでコウモリ祭!

 

© ASG Fort Hahneberg

© ASG Fort Hahneberg

 

たくさんのコウモリが冬越しをするベルリンのFort Hahnebergでは8月27日の国際コウモリデーにコウモリ祭りが開催されます。コウモリにまつわるレクチャー、展示、映画、コウモリ工作ワークショップなど、コウモリファンに楽しい内容が盛りだくさん。食べ物・飲み物もありますよ。

 

ブランデンブルク州では、、、

 

  • コウノトリの巣の中を覗いてみよう

 

© Rosemarie Kappler-Fotolia

© Rosemarie Kappler-Fotolia

 

Rühstädtの自然保護区のエルベ川のほとりでコウノトリの巣を観察するアクティビティ。コウノトリが夕方に巣に帰るのを観察するアクティビティもあります。

 

  • 満月の夜のカヌーツアー
© Naturwacht Brandenburg

© Naturwacht Brandenburg

 

満月の夜に月明かりの中、カヌーを漕いで野生動物(ビーバーやコウモリなど)を観察するアクティビティ。締めにキャンプファイヤーあり。

 

  • 馬車で原野を巡り、野生動物を観察

 

© Naturwacht Brandenburg

© Naturwacht Brandenburg

 

ノスタルジックな馬車ツアー。自然や動物を観察するだけでなく、無農薬の蜂蜜や山羊のチーズが食べられます。

 

  • キノコ狩りツアー
© Naturwacht Brandenburg

© Naturwacht Brandenburg

 

秋が近づくとドイツの森はキノコでいっぱいになります。カゴを持って多くの人がキノコ狩りに出かけます。でも。ドイツのキノコは日本のとは種類が違うので、知識がないまま採って食べるのはちょっと危険。ガイドさんと一緒なら安心して楽しめるので良さそうです。無料のツアーがたくさんあります。

 

メクレンブルク=フォルポンメルン州では、、、、

 

  • クロヅルウォッチングツアー

 

© stefanholm - Fotolia.com

© stefanholm – Fotolia.com

 

夕方、クロヅルの群れが舞い降りてくるのを観察します。優雅な姿を写真に撮れたら素敵ですね。

 

  • アカシカの朝のコンサートを聴くツアー

 

© mohanaantonmeryl-Fotolia.com

© mohanaantonmeryl-Fotolia.com

 

ヨーロッパの森林に生息するアカシカが明け方に一斉に鳴くのを聴くツアー。かなり近くまで寄って観察できるようです。

 

  • ミューリッツ国立公園のUNESCO自然遺産指定の森で黄葉狩り

 

© drubig-photo-Fotolia.com

© drubig-photo-Fotolia.com

 

ドイツの秋は紅葉というよりも黄葉。ドイツ語では「黄金の秋」と形容されます。黄金色に染まった森、是非、見に行きたいです。今年の秋、出かけて来ようかな。

 

 

他にもドイツではありませんが番外編として、マジョルカ島の山の上での絶景ヨーガ旅行などもありました。

 

ドイツならではの自然体験を味わってみたい方、NaTourPurのポータルでお好みのアクティビティを探してみては?

 

 

sponsored link


Also published on Medium.

LINEで送る
Pocket




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA