身の回りの有害物質をチェック。分析検査サービスのオンラインプラットフォーム、my-lab Internationalがスタート 

LINEで送る
Pocket

(Image: my lab International)

(Image: my lab International)

 

先進国では、食品や生活用品の安全性や品質、機能性などについての関心がますます高まっています。

普段口にしている食品は安全なものなのか、知らないうちにアレルゲンを含んだものを食べてしまうリスクはないのか、商品の品質は宣伝されている通りなのか等、気になることが多くありますが、情報が氾濫しており、何を信頼したら良いのかわからなくなりがちです。

心配なものは信頼できるラボで調べてもらい、その分析結果を参考にするのが一番安心だといえますが、個人の場合、どこで調べてもらえばいいのかがわからなかったり、分析を依頼するのが難しそう、手間がかかりそうという理由からなかなか気軽に頼めないという状況があるのではないでしょうか。

 

各種分析ラボの利用をよりスムーズにしようと、今月(2016年10月)、ドイツを中心に分析ラボの国際ネットワーク化のためのオンラインプラットホーム、my-lab Internationalがサービスを開始しました。

このネットワークは化学や生化学の分析ラボだけではなく、医学的分析や物理的分析なども含む世界の様々なラボを繋げ、ラボ間や企業向けの分析サービスだけではなく、個人向けにも様々なサービスを提供します。

 

(Image: My lab International)

(Image: My lab International)

 

 

たとえば、一般消費者のこんな不安に対応します。

 

  • 家の水道水は飲んでも安全?
  • 野菜の残留農薬は大丈夫?
  • 卵のサルモネラ菌汚染が心配
  • 食品は重金属で汚染されていない?
  • 赤ちゃんのおもちゃにはビスフェノールAが含まれていない?
  • 家を購入予定だけれど、シックハウス症候群のリスクはある?
  • ペットに食べさせる餌は安全?
  • キノコ狩りで採って来たキノコはもしかしたら有害物質で汚染されている?
  • 化粧品にアレルゲンやホルムアルデヒドなどの有害物質は含まれていない?
  • 衣類に有害な化学物質は使われていない?

 

サービスは、my-lab Internationalのサイトからオンラインショッピングの要領で購入します。

 

まず、ホーム画面にアクセスし、

 

screenshot-2016-10-27-23-29-45

 

個人向けサービス「For private customers」をクリックすると、購入画面に飛びます。

 

screenshot-2016-10-27-21-11-53

 

分析を依頼したいカテゴリー(左カラムの項目)から該当するものを選ぶと、提供されている分析サービスの一覧が見られます。

 

 

screenshot-2016-10-27-21-12-49

(クリックで拡大します)

 

 

上記画像のようにアイコンが並ぶ形式、またはリストアップ形式でサービスの名前と費用が表示されます。サービスの詳細を見るには画像アイコンをクリック。

 

依頼したいサービスの購入ボタンを押すと依頼書フォームが自動作成されるので、プリントアウトします。分析を依頼する検体はウェブ上の説明に従って採取・梱包。必要事項を記入した依頼書とともに検体をラボに送付します。

検査結果レポートは一般の人にもわかりやすい文章で書かれ、不明な点に関しては電話での問い合わせにも応じてくれるそうです。また、少量の検体でも分析を依頼できます。

 

現時点でネットワークに参加しているラボはこちらの通り。まだ数は多くないですが、今後、充実して行くと思われます。われます。このようなプラットホームの設立により、小規模の検査ラボの競争力が高まり、国境を越えた分析サービスの提供・利用が簡便化が期待できます。

 

 

 

sponsored link


Also published on Medium.

LINEで送る
Pocket




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA