ドイツにおけるシチズンサイエンスの成功例 〜 みんなで作る全国蚊マップ

  科学研究にはデータが不可欠です。分析の質を高めるには多くのデータを収集しなければなりませんが、研究者自身が一定期間に収集できるデータの量やデータ収集範囲には限界があります。市民が協力すれば、広範囲の場所から

Read more

身の回りの有害物質をチェック。分析検査サービスのオンラインプラットフォーム、my-lab Internationalがスタート 

  先進国では、食品や生活用品の安全性や品質、機能性などについての関心がますます高まっています。 普段口にしている食品は安全なものなのか、知らないうちにアレルゲンを含んだものを食べてしまうリスクはないのか、商品

Read more

大豆アレルギーでも大豆製品が食べられるようになる?低アレルゲン化食品の開発を目指すフラウンホーファー研究所のプロジェクト「Low Allergen」

食べ物は何でも食べられますか? 私は中学生の頃、果物アレルギーを発症しました。最初の頃はスイカなど、特定の果物を食べると口の中が痒くなるくらいだったのですが、徐々にそれがいろいろな果物に広がって、10年後には果物は生では

Read more

動物を殺さずに作るModern Meadowのエシカルな革製品 

欧米諸国では、人間の生活のために動物を殺すことの是非がしばしば議論されています。ベジタリアン人口が若い人たちを中心に増加しており、その中でも特に厳格な「ビーガン」と自らを称する人たちは動物性の食品を口にしないだけでなく、

Read more

科学はみんなのもの シチズンサイエンス・イベント、「Science & People」に参加しました

市民が科学研究に能動的に参加するシチズンサイエンスの動きがますます高まって来ました。市民参加型の科学プロジェクトがどんどん発足しています。   当ブログでは、これまでにドイツを中心に欧州の動きの中からいくつかの

Read more
1 2 3 4