人工肉はドイツの消費者に受け入れられるか?カールスルー工科大が調査

早いもので今年もクリスマスがやって来ました。ドイツではクリスマスイブよりも12月25日、26日の祝日にご馳走を食べる家庭が多いようです。クリスマスの食事といえば日本ではローストチキンやフライドチキンが定番ですね。ドイツで

Read more

ムール貝の粘着物質を模倣した天然の医療用接着剤をベルリン工科大が開発

  寒い季節に美味しいムール貝。ムール貝は潮の流れの速い場所でもしっかりと岩壁にくっついていますが、これはDOPAと呼ばれるアミノ酸を含むネバネバ物質のおかげ。ムール貝はこの物質を接着剤として使って岩などの表面

Read more

3Dプリンターで作った人工果物で輸送中の果物の温度を計測 スイスの研究者が開発

かつて、果物はその旬の季節にしか食べられないものでしたが、今は輸出入が盛んになり、先進国では世界中の果物がほぼ一年中、店に並んでいるようになりました。 食べたいときに食べたいものが食べられるというのは消費者にとって嬉しい

Read more

クモの糸でスキンケア 合成クモ糸タンパク質を配合したAmSilkのコスメティック

家の近所の森の中を散歩していると、ときどき木の枝に張られたクモの巣に引っかかるのですが、クモの糸って、髪の毛や洋服につくとなかなか取れないですね。   軽く柔軟なのに丈夫なクモの糸。熱に非常に強く、抗菌作用を持

Read more

バクテリアで鉱山の粉塵問題を解決 持続可能なソリューションを提供するバイオ系スタートアップ、Dust Bio Solutions

  鉱山における粉塵問題は深刻です。作業員が塵を吸い込むことで塵肺などの健康被害を引き起こし、大気汚染の原因にもなります。また、塵が入り込むと機械が故障しやすくなり、鉱山会社にとって大きな損失をもらたします。

Read more

成長する建物 〜 シュトゥットガルト大学の若き研究者、 Ferdinand Ludwigの目指す未来の建築、Baubotanikとは?

Baubotanikという言葉を聞いたことがありますか。 Bau(bauen 建設する)+ Botanik(植物学)の造語。「建設植物学」または「建築植物学」と訳すべきでしょうか。   今年、ドイツ、バーデン=

Read more

教育コンテンツをクラウドベースに 独政府とハッソ・プラットナー研究所がプロジェクト”SchulCloud”を開始

  社会のデジタル化が急速に進む中、学校教育を時代に合ったものへとアップデイトして行くことは国の重要な課題の一つです。学校は子どもが世の中に出て生きて行くための準備の場。国は、ますます複雑化する情報化社会に対応

Read more

動物を殺さずに作るModern Meadowのエシカルな革製品 

欧米諸国では、人間の生活のために動物を殺すことの是非がしばしば議論されています。ベジタリアン人口が若い人たちを中心に増加しており、その中でも特に厳格な「ビーガン」と自らを称する人たちは動物性の食品を口にしないだけでなく、

Read more
1 2 3 4