世界最小!バッグに入れて持ち運べる水力タービン、Blue Freedom

LINEで送る
Pocket

アウトドアのレジャーの際、携帯電話その他の充電ができないと不便です。せっかくの休暇の間くらいスマホやタブレットから離れて、とは思っても、思わぬ事故で緊急に連絡を取らなければならないこともありますし、念のために充電だけはしておかなければどうにも不安、、、。

 

以前、当ブログではアウトドアにも最適なこんなソーラーチャージャーをご紹介しました。しかし、当然ながらソーラーチャージャーはお天気が良くなければ使えません。出かける先が砂漠地域や日照時間の多い地域であればぴったりですが、天候が変化しやすい山の中でのレジャーには今ひとつ。

 

でも、水力発電なら、天気に関係なく、水のあるところならどこでも使用が可能です。水力発電と聞けばまず思い浮かぶのがダムですが、なんとバッグに入れて持ち運べる超小型の水力タービンをスタートアップ企業、Aquakin社が開発しました。その名はBlue Freedom

 

( © Blue Freedom)

( © Blue Freedom)

 

画像の青いプラスチックの部分を水中に投げ込み、水流により回転させることで、本体に繋いだモバイル機器が充電できます。

 

こちらのプロモーション動画(後半)で実際に使用している様子が見られます。

 

 

川の中で1時間タービンを回せば、スマートフォン10時間分の充電ができるそうです。

 

2015年にEnergy Awardスタートアップ部門で第1位を獲得したAquakinのBlue Freedomはこちらから購入できます。

 

関連記事:

アウトドアに最適!Sonnenrepublikのソーラーチャージャー

sponsored link

LINEで送る
Pocket




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA